ノンリコース・ローンの具体的な例

不動産会礼A社が、100億円の不動産を取得するケースを考えましょう。社が用意できる資金は20億円です。通常の場合であれば、A社は取得する不動産を担保に入れて80億円の融資を受けます。A社がこの融資の返済義務を負うのはもちろんです。一方、A社が、用意できる20億円を用いてB社という会社をつくり、B社が80億円の融資を受けhttps://cytyo.com/land-assessments/non-recourse-loans