入居者の突然の事故

夜、定例理事会を開いていると、年配の女性が管理員室に来て、「すぐ部屋に来て」と叫んだ。管理員と管理会社の社員、そして数人の理事と共に住戸内に入ると、浴槽の中で80代とおぼしき年配の男性が倒れていた。意識はなく、女性」人で出すこともできず、管理員に助けを求めたのだ。 裸の男性を狭い浴槽から出すのは、想像以上に力が必要だった。特に、意識がなく、まったく力の入っていない男性を持ち上げようとすると、夫人はうろたえ、夫の名前を呼び続けていた。救急車の手配は、夫人が管理員室に助けを求めに来ていたときに行っていたので、浴槽から出したころには救急隊が駆け付けてくれた。https://dimensionsofmarble.org/resident-2