中国四合院にみる大家族住宅

中国の伝統的な家のつくりとして、四合院と呼ぶ中国独特の住居がある。すでに漢の時代には存在したといわれ、四つの建物がロの字形の平面をつくり、中庭(院子という)を取り囲む形式である。四合院は中庭を中心に左右対称で、一種の美学のような格調を示していた。これは中庭が正面の家長の家に進む儀式的な通路であるからで、同じ中庭型住宅を持つモロッコなどの砂漠地帯や地中海地方にはみられない特徴である。<a href=https://notice-cancellation.xyz/china/>https://notice-cancellation.xyz/china/</a>